子供と奥様と一緒に近所の整形外科に行ってきた。

息子がスモールバスケットボールの修練をすると左足の内装くるぶし下位が腫れて痛くなってしまったので、近所の整形外科に連れて行った。最初は、鍼灸をやる接骨院に連れて行こうと思ったのだが、コーチ達やエリートの父母からレントゲンを撮ったほうが良いと指標をいただいたので、整形外科にした。わたしは職業だった結果、彼女が学童に息子を迎えに行って、丸々、整形外科に行ってもらい、わたしは職業を定時であがり、クリニックへ直行した。常に混んでいるクリニックで、きのうもやけに混んでいた。わたしが18時間ぐらいに到着したのだが、息子が呼ばれたのは、18時間15取り分ぐらいだった。レントゲンを撮って、ドクターから「レントゲンあとは無秩序が乏しい。触診してみるとまだまだ骨が出ている感じがするけど、それだけでもない。しいて言えば付き痛性外脛骨課題という発育痛の一つだが、それほど気にする無用。痛くなったら無理控える。」と言われた。とりわけ、ほっとした。持久走系の献立や疾走の献立は視聴させようと思った。苦痛が再発しなければ、2ウィーク後のフェスティバルには出れそうで安心した。キレイモ 無料